HOME>よくある質問
よくお問い合わせを頂く質問を集めました。
Q 工作がなぜ大切なのですか。
  A 工作の大切さに気づかれている方は少ないと思います。工作をするには、まず正しく物を見ることから始めます。正しく物を見る習慣が身についてくると、イメージ力や観察力が伸び、工作以外のことにも意欲を示すようになります。ペーパー学習は知能を伸ばすことはできても、知能を支える器を大きくすることはできません。これからは、創造力の時代です。工作ではペーパーではできない創造力と感性を育てます。そして、創意工夫を楽しみながら、最後までやり遂げたときの達成感、完成したときの喜びは大きく、言葉では言い表せないほどです。
Q 年中からの入会は何が違うのでしょうか。
  A 最近の小学校入試では、ペーパーの比重が低くなり、桐朋学園小、早稲田実業初等部をはじめ、テストに集団遊びを取り入れる学校が増えてきました。自分から輪に入っていける子ども、人に優しくできる子ども、すなわち心の成長度(EQ)の高い子を学校は求めています。自分勝手で人に手を出す子は、合格が難しいと言わざるを得ません。
年中クラスでは基本的な生活習慣の取得を目標に、遊びや学習を通して、自らが主体的に行動できる様に指導をしていきます。「自分のことは自分でする、自分の思っていることを相手に伝える、心のこもった挨拶をする」といった、集団・社会への関わり方を学び、すすんで自立の出来る子を目指します。年中児の頃からたくさんの工作と触れ合うことは、学習に対する準備が整うだけではなく、物事の捉え方に深みを持たせることができます。また、物を創り出す喜びを知った子は、あきらめない強い気持ち、人の話を聞くことの大切さを理解することができます。時には大きな仕掛けを使って、お友達とみんなで遊びます。約束事を守った上で、毎回わくわく楽しい授業内容を目指します。
Q 進学方法や学習方法などのアドバイスはありますか。
  A 年数回行われている個人面談を通して個別にお話いたします。また、保護者のための勉強会では、どうしたら素晴らしい父親と母親になれるか、ご一緒に考えます。勉強会は、子どもの自立や学習方法をテーマに、年数回行いますが、この勉強会は合否の鍵をにぎる重要な役割を果たしています。また、進学情報の充実を目指して、合格体験記や桐朋学園小をはじめとする過去問題集は、大きな力となります。さらに願書の書き方の指導などに力を入れています。 
Q 今年度の合格実績を教えてください。 
  A チャイルド右脳教育研究会から今年度合格した生徒の学校名と合格者数をお知らせいたします。入会された方には合格者一覧表と体験記をお渡ししています。 
Q チャイルドは国立(くにたち)の他にありますか。
  A チャイルドは東京都国立市にしかありません。最近、チャイルドの工作と同じ内容で指導している教室がありますが、これは、すべてチャイルドに無断で行っていることであり、チャイルドとは一切関係がありませんので、ご注意ください。 

child uno kyoiku kenkyukai inc.