HOME>お知らせ
プレスクール 東京学芸大小金井小合格専科
桐朋学園小受験 合格専科

 この桐朋学園小合格専科は、桐朋学園小が第一志望の年長児のための選択講座です。合否の鍵をにぎる工作と行動観察を中心に徹底した指導で合格をめざします。桐朋学園小にこれまで300名近い生徒を送り出している経験と実績がありますから、大きな成果が期待できます。桐朋学園小だけでなく、行動観察を重視する学校にも最適の内容です。

桐朋学園小に合格したい子どもたちにとって
桐朋学園小合格専科が最適と思う5つの理由

 
1.
桐朋学園小のある国立で20年以上桐朋学園小受験中心の教室を続けてきたので、どうすれば桐朋学園小に合格できるかを熟知していること。
2.
「こう作りなさい」と命令されて作る個性や感性をつぶす工作ではなく、子どもたちが創意工夫を心から楽しむことができる工作を心がけていること。
3.
ゲームや集団遊びの中で、友達と仲よく遊べる、自分から笑顔で声をかけられることを最大の目標にしているので、子どもたちが明るく元気になれること。
4.
家庭での学習、次回までにやるべき課題を毎回細かく具体的に指示されることで、月1回の授業でも不安なく、確実な成果が得られること。
5.
子どもたちの欠点を見つけて正すのではなく、長所を発見して伸ばすやり方で自信をつけ、子どもが本来もつ輝きを発揮できるように全力投球していること。

1.クラス内容

日程は2018年1月に追って発表する予定です。

○1クラス12名まで。室長が指導します。 ○ペーパーの授業はありません。
○9月からは、ゼッケンをつけ、本番と同じ雰囲気の中でテスト練習を行います。
○上履きとカバン持参。動きやすい服装でおいでください。
○行動観察の授業のようすは、保護者の皆さまにすべて見ていただきます。
○振替はできますが、多い場合はお断りする場合もあります。
○毎回工作だけの課題があります。家で作って、次回必ずお持ちください。

2.授業内容(110分)

工作

 工作は作品の仕上がりよりも、作業の過程で示される生活技術、指示を聞く力、集中力、最後までやりぬく姿勢などが評価されます。創意工夫を楽しみ、自信をもって作品を仕上げることが最大の目標です。「こう作りなさい」と子どもたちに命令するのではなく、子どもたちの表情が輝く指導をこころがけてまいります。

行動観察

 ゲームや集団遊びを通して、指示を正確に聞き取り、的確に行動することで自信を身につけ、のびのびとした動きと明るい表情を育てることに全力を注ぎます。最近の桐朋学園入試では、日常生活で身につける掃除、整理整頓、食卓の準備なども出題されています。今後出題が予想されるお祭り、買い物など日常の場面を想定し、みんなで力を合わせ、1つ1つの課題を解決していくために必要なコミュニケーション能力、行動力、協調性を重視する行動観察に力を入れます。持久力、瞬発力を見る運動を中心としたゲームも行い、入試に備えます。

child uno kyoiku kenkyukai inc.