HOME>授業のご案内>チャイルドの特色>チャイルドの特色について
チャイルドの特色
子どもの欠点を見つけて直すよりも、むしろ子どもたちの長所を見つけ、積極的にほめて、伸ばすことをこころがけています。子どもたちは、初めから授業が理解できるわけではありません。月齢も環境も1人ひとり大きく異なります。理解が早い子もいれば、理解が遅い子もいます。活発な子もいれば、おとなしい子もいます。チャイルドはあるがままを受け入れることから始めます。工作では画一的な指導を避け、1人ひとりの性格、力量に合わせた個別指導が基本です。ペーパー学習でも、具体物教材を使った「楽しくて、わかりやすい授業」をめざしています。また行動面では、集団の中でどれだけ自分を表現できるかが指導の大きなポイントです。
  授業は次の3つから構成されています。
工作 巧緻性
運動 行動観察
ペーパー 具体物学習
child uno kyoiku kenkyukai inc.